スコップとジョウロ

玉砂利を利用して庭をデザインする|美しい庭造り

芝生を健康に保つ

園芸用品

庭に芝生を敷くと、素足で歩いたときの感触が気持ちがよく子どもが遊びやすい庭を作ることができます。他にも泥がはねにくくなることや、夏でも涼しく快適に過ごせるようになるというように芝生には多くのメリットがあります。しかし、そんな芝生でも手入れを怠るとどんどん伸びてしまい、荒れた庭のように見えてしまうのでこまめに芝刈りをすることが必要です。芝刈りを行なうには専用の道具が必要ですし、面積が広い場合なかなか重労働になります。そのため自分で手入れを行なうのは難しいので、芝刈りを業者に依頼しましょう。大変な芝刈りでも素早く作業を行なってもらえます。芝刈りを行わないと庭の見た目が悪くなるだけではなく水分が蒸発しにくくなり虫が発生することや病気の原因にもなるので、伸びすぎてしまう前に依頼することが大切です。
業者には年に数回芝刈りを依頼する必要がありますが、季節ごとでその頻度は異なります。一般的に春や秋には1月あたり1、2回、夏には3、4回のペースで依頼するのがいいとされています。季節によって頻度が異なるのは、夏の方が芝生の成長スピードが速くなるためです。慣れていない人の場合はいつ芝刈りを行なった方がいいのか、どのくらいの頻度で行なうものなのか分からないこともありますが、業者に質問すると適した方法を教えてくれるので芝生をきれいに保つことができます。もしも芝生が長くなってしまった場合には回数を分けて短くしていきます。芝生の面積や、芝生の状態、刈り取った草の量によって料金は異なります。